Skip to content

優良サイトの見分け方とは

安心して利用できるということは出会い系サイトを利用する上では必須条件として考えなくてはいけません。
ようするに、何らかの危険に巻き込まれる可能性の高い悪質サイトには登録し内容にしなくてはいけないのです。
サクラやそのほかの危険に対して、その見極め方や対処法などを知ることも大切でしょう。
しかし、根本的にそんな危険があるようなサイトにはつ近づくことがないようにするべきなのです。
そのためには、登録時にしっかりとサイトの安全性というものを確認するようにしなくてはいけません。
ではどんな部分を確認することで悪質サイトを逃れて安心して利用できるサイトを見つけ出せるのでしょうか。
その基本となるものは『利用規約』です。
登録をする場合には、どんなサイトであっても利用規約に同意することが条件とされています。
もし利用規約がないような場合は問題外という事になります。
もちろんそのようなサイトを利用することはあってはならないでしょう。
たとえ無料で利用できるということであったとしても、利用規約はちゃんとあるのです。
そして、その利用規約の内容をしっかりと読んで確認することで、そのサイトが信頼できるかどうかがわかるのです。
内容的に怪しい部分や理解しにくい部分がある場合は、危険だと判断して良いと思います。
もともと読むのが面倒に思えるようなことが書いてあることが多い利用規約ですが、面倒くさがらないで読みすすめれば理解できる日本語で書かれています。
多少専門的なことが書かれてある場合もないわけではないでしょうが、明らかにわかりにくくしているような場合や、自分が思っていたこととは違う説明が書かれているような場合は怪しんで考えなくてはいけないのです。
無料サイトの場合は同時登録が行なわれるというようなことが明記されていることもあります。そんなサイトは辞めたほうが良いでしょう。
とにかく利用規約がわかりにくいと感じたら、無理に自分なりの解釈をしようとか、どうせ難しいことが書かれているんだろうなんて事で流さないことです。
理解していないことに同意はしないことです。
これさえ忘れなければ、悪質サイトを使うことはないでしよう。

怪しい箇所は見逃さないように

会社概要をチックして安心できるサイトを選ぶということが出会い系サイトでのサイト選びのひとつの方法です。
しかし、会社概要をただ漠然と見て、社名と住所や電話番号そして会社代表などの名前が掲載されていることだけで満足してはいけません。
その会社が本当に存在するかは会社概要を見ただけではわからないのです。
書くだけならばいくらでも出来ます。悪徳業者はうその記載なんてなんとも思っていないのです。
怪しいサイトの場合は、なんとなくそんなにおいがするものです。
サイト全体からくるものであったりもするでしょう。そんな場合は会社概要のチェックも入念にしましょう。
そのサイトか悪徳業者のサイトであった場合は、会社概要にかかれている情報なんてすべてでたらめなのです。
ですから、何かの被害にあったとしても、文句を言ったり訴えることもできないというわけです。
という訳で基本的に怪しいと思ったサイトは利用しないことです。
会社概要の社名が実在しているかを調べることは簡単ですから、検索してみると良いでしょう。
そこで情報に誤りがないかを確認できます。
検索でヒットしないような場合は、もし本物の会社だとしても、あまりしっかりとしたサポートが期待できない可能性があるので、利用しないほうが良いでしょう。
という訳で、会社の存在が確認できないような場合は、いわゆる幽霊会社である可能性が高いと考えて、登録するようなことがないようにしなくてはいけません。
実体がない会社がサイトを運営できるわけがありませんから、そんなサイトで出会えるわけもないのです。
当然ですが、そんなサイトは悪徳業者が登録者をだますためのサイトであるわけです。
被害にあわないようにしなくてはいけません。
そのために色々と登録前にチェックをするのです。とりあえずやってみたというようなことで満足しないことです。
会社概要を見て幽霊会社を発見するつもりで挑んで下さい。
そういった心積もりがあれば、怪しい箇所を見逃さないで済むと思います。

会社概要はしっかり確認しましょう

出会い系サイトを利用する場合、確かな運営会社によって運営されているサイトを選ぶということは基本です。
怪しい会社がちゃんとしたサポートをしてくれるとは思えないでしょう。
それに、悪質サイトである可能性も運営会社がいい加減であればその確率は高いわけです。
ですから、サイトのチェックでは、会社概要はしっかりと確認をしなくてはいけません。
基本として会社概要は必ずあるものです。
出会い系サイトを選ぶときにははじめに会社概要を調べてみましょう。
希にないこともあります。しかしそんなサイトはその時点で相手にしてはいけません。
会社概要を掲載することは義務でもあるわけです。
また、何処にあるか探すのに苦労するというような場合も注意する必要があるでしょう。
ようするに出来れば見られたくないという意図があるわけですから、公明正大な会社でない可能性が高いわけです。
内容に関しても多くの情報が記載されていればいるほど安心できるでしょう。
自社サイトの会社概要ほどではなくても、しっかりとした内容であれば問題はないでしょう。
会社の名称にも注意しましょう。怪しげな名称である場合はしっかりとチェックするべきですね。
中には会社ではない場合もあるので、そこは見逃さないことです。
住所や電話番号の有無もポイントです。もちろんうそを書くことも出来ますから、他の部分で怪しい場合は、住所を検索してみるのも良いかもしれません。
いい加減な場合は電話番号があっていないということもあります。
また、携帯番号が問い合わせや連絡先として使用されている場合は、ちゃんとした会社ではない可能性が高いでしょう。
携帯が全盛とはいっても、ちゃんとした会社であれば、必ず固定電話があります。チェックすべきポイントということです。
この様に、会社概要だけでも色々な情報を入手して判断をすることが出来るのです。
しっかりと確認することを忘れないことです。これだけで悪質サイトを見つけることも出来るのです。